オンライン カジノのパナマ ギャンブル ライセンス

PGCB は、パナマ共和国のカジノまたは「ゲーム オブ チャンス」運営者に陸上またはオンライン ギャンブル ライセンスを発行し、それらが合法的に運営され、プレイヤーの保護が優先されるようにします。この中米の国は、コスタリカとコロンビアに隣接しており、南北アメリカを結ぶ狭い陸橋として知られています。 PGCB はもともと 1947 年に設立されましたが、パナマでは 1997 年にギャンブル ブームとギャンブル業界内での詐欺問題の増加が見られました。カジノの管理、ライセンスの発行、そして最も重要なこととして、パナマ共和国におけるマネーロンダリングの懸念を監視するという課題。

今日、彼らはこの地域のオンライン ギャンブル、賭博、およびゲーム会社の不正行為を規制、管理、防止するための多くのシステムを実装しています。陸上でのギャンブル活動は厳密に管理されており、PGCB から実店舗のライセンスを取得するには、申請者と運営者が厳格な規則と基準を順守する必要があります。しかし、オンラインギャンブル会社のライセンスがよりリラックスした形で行われていることを示す報告や事例が過去にありました.パナマのオンライン ギャンブル会社は厳密な監査を受けておらず、プレーヤーの保護と規制は厳しく施行されていません。手数料を支払う資金があり、極端に目立つ行為や違法行為を行わない運営者は、パナマのゲーミング ライセンスを取得して維持することができます。したがって、パナマで認可されたオンライン カジノおよびギャンブル ビジネスの評判は大きく異なります。

オンライン カジノのパナマ ギャンブル ライセンス
Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherPriya PatelResearcher

パナマゲーミング管理委員会が認可した人気のオンラインカジノ

過去数年間で、PGCB の価値と尊敬は低下しました。これに加えて、PGCB ライセンスのオンライン ベッティング プラットフォームの数も減少しています。パナマのほとんどのオンライン ゲーム会社は、キュラソーとマルタのライセンス オプションに惹かれていることがわかっています。これは評判の悪さと、支払い処理業者や金融機関がパナマのオンライン ギャンブル事業と連携することをためらっていること、および過去に注目を集めたスキャンダルによるものです。この段階では、言及することはできません 人気のオンラインカジノ パナマでは PGCB のライセンスを受けています。しかし、ますます多くの肯定的なレビューが生まれ、PGCB が改善されているため、PGCB ライセンスを取得したオンライン ゲーム会社の利用が増加することは避けられません。

Panama Gaming Control Board でライセンスを申請する

PGCB のライセンスを取得すると、オンライン カジノまたは賭博サイトでの規制された国際賭博が可能になります。また、ゲーム会社が管轄区域によって定められたコンプライアンスに従い、詐欺なしで合法的に運営され、パナマのプレーヤーを保護できるようにします.他の多くのライセンス委員会とは異なり、PGCB はライセンスを申請するプロセスを手間がかからず、簡素化しています。 PGCBギャンブルライセンスを取得するプロセスを知ることは、ギャンブラーと申請者の両方にとって、ポジティブで安全なギャンブル体験を確実にするために重要です. PGCB ライセンスを申請する手順は次のとおりです。

  1. 包括的なアプリケーションをできるだけ詳細に記入してください
  2. 運営に関与するすべての主要な個人、従業員、および応募者の身元調査を許可する
  3. 財務書類の検査と、事業の運営方法を示す事業計画の承認を可能にします
  4. ウェブサイトの機能 (オンライン カジノの場合) またはサービス (ランドベースのカジノの場合) のテストを許可し、ベッターが賭けに必要なすべてのプロセスが完全に機能していること、およびウェブサイトまたはカジノは公平で安全です
  5. $40 000 の初期ライセンス資金と、$10 000 未満のライセンス処理デポジットを支払う
  6. 承認され、すべての費用を支払い、PGCB にライセンスされているものとして登録されたら、ライセンス契約を延長および更新するための追加の手順があります。
  7. 7 年後に年間更新料 $20,000 を支払う
  8. ライセンス取得後もサイト運営の透明性を維持

Panama Gaming Control Board でライセンスを申請することの長所と短所

PGCB にライセンスを申請することの長所と短所を知ることで、パナマでのさまざまなライセンス機会のオプションを比較検討して、最適なものを見つけることができます。

長所

短所

  • 不慣れな要素は、ビジネスを行う際にオペレーターを傷つける可能性があります。
  • 過去の大スキャンダル
  • ギャンブルのライセンス プロセスには、最大 2 か月かかる場合があります。

パナマ賭博管理委員会によって設定された国内法および制限

PGCB には、ギャンブル サイトがプレイヤーにとって公平で透明性があり安全な環境であること、法律を順守すること、州や公衆にリスクを課さないことを保証するために設定されたいくつかの国内法と制限があります。

  • カジノは、パナマ観光局によって認定および承認されている必要があります。
  • 3 つ星以上のホテルにある必要があります。
  • 礼拝所、病院、診療所、学校から少なくとも 100 メートルまたは 1 ブロック離れている必要があります。
  • すべてのソフトウェアは、パナマの管轄の必要な基準を満たす必要があります。
  • マネーロンダリング対策が実施されており、米国との租税協定が締結されています。
  • リアルマネーの賭けに関するすべての取引は、要求に応じてパナマ政府が利用できるようにする必要があります。

パナマゲーミングコントロールボードの歴史

ギャンブル活動は合法化され、規制されています。 パナマ共和国 しかし、1997 年までは、国有のギャンブル会社のみが公式に営業を許可されていました。汚職、組織犯罪への関与、経営上の問題により、カジノは民営化され、1997 年に民間事業者が市場に参入できるようになりました。これにより、パナマはギャンブル ブームに見舞われましたが、それに伴って多くの詐欺や法遵守の問題も発生しました。これは、カジノを規制する必要性が生じたことを意味し、その結果、1998 年の第 2 法が制定されました。PGCB は 1947 年から存在していましたが、パナマがライセンス管轄になったのは 2002 年のことでした。ギャンブルブームは、ゲーミングコミッションがカジノの管理と規制、ギャンブルライセンスの発行、マネーロンダリングの監視を任された理由です.これは、2003 年の決議第 29 号と第 39 号によってさらに強化されました。

2002 年のオンライン ゲーミング法により、パナマでのオンライン ギャンブルは 2002 年から合法化されています。オンラインカジノ.しかし、評判が悪く、支払い処理業者や金融機関がパナマのオンライン ギャンブル サイトと連携することに消極的であるため、認可されたオンライン ベッティング プラットフォームの数は時間の経過とともに大幅に減少しています。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)