オンラインギャンブルの法律:なぜギャンブルは違法なのですか?

ニュース

2022-07-09

Eddy Cheung

モバイルとインターネットのテクノロジーのおかげで、カジノゲームをプレイするのは画面をタップするだけです。しかし、ほとんどの州でオンラインギャンブルは合法ですが、一部の国では依然としてこの活動に対して強硬な立場を取っています。では、なぜこの時代のギャンブルは違法なのですか?この活動を犯罪とする正当な理由はありますか?

オンラインギャンブルの法律:なぜギャンブルは違法なのですか?

ギャンブルはどこで違法ですか?

難しい現実は、ギャンブルは多くの国で違法であるということですが、ほとんどの国ではこの分野で有意義な進歩を遂げています。また、合法的なギャンブルの分野でも、ルールが非常に厳しく、一部のオペレーターを怖がらせる可能性があります。たとえば、英国では、クレジットカードによるギャンブルやVIPギャンブルは、UKGCの新しい法律に従って違法です。

米国に移ると、ほとんどの州で賭けは依然として分裂的なトピックです。 2018年、この国の最高裁判所は、1992年にギャンブルを犯罪化したPASPA(Professional and Amateur Sports Protection Act)に反対する判決を下しました。しかし、その画期的な判決にもかかわらず、個々の州はギャンブルの合法化に足を引っ張っています。現在、ギャンブルは18の州で合法であり、ほとんどの法律はスポーツベッティングのみを対象としています。

カナダでは、パンターは政府発行の免許を持っていれば、どのブックメーカーでもスポーツイベントに参加できます。 Kahnawake Gaming Commissionは、賭け市場を規制しています。しかし、米国のゲームサイトと同様に、カナダのゲームサイトはオンラインカジノゲームを提供していません。全体的に、それはあなたに依存します 地域のギャンブル法。 

一部の国でギャンブルが違法なのはなぜですか?

問題は、国によって国境内でのギャンブルを犯罪とする理由が異なるということです。それは主に、活動に対する彼らの社会的および文化的見解に要約されます。以下にいくつかの理由を示します。

未成年者のギャンブル:

未成年者のギャンブルは、ギャンブル業界を悩ませている問題です。ほとんどのカジノはこの悪を防ぐために彼らの役割を果たしますが、一部の政府はしばしば活動をすぐに禁止します。 

資金洗浄:

カジノ、特に陸上のカジノは、マネーロンダリングの目的地です。一部のプレーヤーは、小切手またはビットコインとして現金化するためだけに汚いお金を使用し、お金がきれいであると主張します。 

宗教的および社会的信念:

賭けについては共通の合意がありますが、オンラインギャンブルに関する宗教的な意見はさまざまです。ギャンブルは現在、ほとんどすべてのイスラム諸国で違法であり、法律に違反する者には重い罰が科せられます。カタール、ブルネイ、アラブ首長国連邦が良い例です。 

ギャンブル依存症:

適切な規制がなければ、ギャンブル依存症はほとんどの国で深刻な問題になる可能性があります。たとえば、カンボジアの議員は、活動を犯罪化し、ギャンブル依存症を制限するために、1996年にギャンブル依存症法を可決しました。 

ギャンブルが違法である国でオンラインギャンブルをすることはできますか?

興味深いことに、これまでのところ、違法なオンラインギャンブルで起訴された人はいません。これは、プレイヤーがオンラインでギャンブルをして逃げることができることを意味します。たとえば、法律は、ベッターが日本、インド、カンボジアのオンラインギャンブルサイトでギャンブルをするための抜け穴を残しています。したがって、簡単に言えば、オンラインギャンブルを対象とする法律に関しては、ほとんどの国がまだ遅れをとっています。オペレーターはこの間違いを利用して、米国からでもプレーヤーを受け入れます。

ただし、オフショアサイトでのギャンブルを主張する場合は、合法的な機関がそれを許可していることを確認してください。信頼できる名前には、 英国ギャンブル委員会、Kahnawake Gaming Commission、 スウェーデンの賭博局、Curacao e-Gaming、およびMalta Gaming Authority(MGA)。これらのライセンスを持つオンラインカジノは合法で信頼できます。 

なぜギャンブルを合法化するために急いでいるのですか?

ギャンブルニュースの熱心なフォロワーは、多くの国がこの慣行を合法化していることを知っています。ヨーロッパでは、ドイツ、オランダ、ウクライナなどの一部の国が、法律を見直した後、ギャンブル市場を再開しました。米国に関しては、オクラホマ、メイン、サウスカロライナ、ケンタッキーなどの州がギャンブル法について話し合っています。 

それで、なぜ彼らは突然ギャンブルを受け入れるのですか?シンプルで収益!世界的に生活費が高いため、政府は市民を限界に追いやることなく税収を増やすという難しいバランスを取る行為に直面しています。そのため、それらのほとんどは、市場のオペレーターを規制するためにギャンブル促進法を通過させます。これは、政府、プレーヤー、およびオペレーターにとって双方にメリットのある状況になります。

ギャンブルの賞金は課税対象ですか?

ギャンブルの管轄区域に応じて、賞金は課税対象または非課税対象になります。英国では、1億ドルのジャックポットを獲得したとしても、税務署はプレーヤーから収益を集めません。代わりに、カジノはギャンブルの総収入に対して15%の義務を支払います。基本的な考え方は単純です。ベッターは勝つよりも多くを失います。ちなみに、家はいつも勝ちます!

しかし、米国では、ギャンブルの賞金は課税対象です。プレーヤーは、競馬、スポーツベッティング、カジノ、宝くじでのギャンブルの賞金をIRSに報告します。カジノは自動的にあなたの勝利の24%を差し引き、それを税務署に送金します。さらに悪いことに、IRSはあなたが何を勝ち取ったかを見つけるためにあなたを追いかけません。 

未来は明るい!

オンラインギャンブル業界の現在の発展は、業界がますます大きくなることを証明しています。政府はこの業界を規制して、より安全にし、切望されている収入を生み出しています。 

ただし、お住まいの地域に動きがない場合は、遠慮なく 認可されたオフショアカジノでプレーします。 カジノは遅かれ早かれあなたに追いつくので、VPNの使用は避けてください。賞金が入っているカジノアカウントを一時停止する人もいます。

最新情報

オンライン スロットのジャックポットを獲得するのに適した時期はありますか?
2022-12-03

オンライン スロットのジャックポットを獲得するのに適した時期はありますか?

ニュース