ゲーム

March 21, 2023

あなたの心を吹き飛ばすギャンブルに関する重要な事実

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherPriya PatelResearcher

ラスベガスが世界のギャンブルの首都ではないことをご存知ですか?それが驚くべきことだと思うなら、私たちが用意している他の事実はあなたを驚かせるでしょう.ここでは、あなたが聞いたことのないギャンブルとカジノに関する最も興味深い事実を取り上げます。

あなたの心を吹き飛ばすギャンブルに関する重要な事実

スロットゲームはかつてフルーツガムマシンでした

スロットをプレイしたことがある場合 ランドベースのカジノのスロット マシンまたは仮想スロットのいずれかで 最高のオンラインカジノ、これらのゲームのほとんどがフルーツをテーマにしていることにお気付きかもしれません。なぜそうなのか、考えたことはありますか?

1880 年代には、スロット マシンは実際にはフルーツ味のガム販売機でした。人々はマシンにお金を追加して、フルーツ味のガムを手に入れることができました。マシンに表示されるフルーツのシンボルは、ガムのフレーバーを表しています。これらの機械の中には、人々が飲み物や葉巻と交換するトークンを発行するものもありました。

ギャンブルでの最大の損失は合計 1 億 2,700 万ドル

宝くじのジャックポットやスロット マシンで非常識な賞金を獲得した人の話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、ギャンブルで大金を失った人が多いのも事実です。ギャンブル史上最大の損失を出したのはテランス・ワタナベです。

テレンス・ワタナベは裕福な実業家の息子であり、父親が亡くなった1977年にオリエンタル・トレーディング・カンパニーを継承しました。テランス・ワタナベは会社を継承した後、2000年に会社を売却し、ラスベガスで約1年間ギャンブルをしました.テレンス・ワタナベは 1 年以内に 8 億 3,500 万ドルを賭け、1 億 2,700 万ドルを失いました。

ラスベガスは世界のギャンブルの中心地ではない

すでに述べたように、ラスベガスはギャンブルの首都ではありません。ギャンブルと聞いて真っ先に思い浮かぶのはラスベガスです。 

ラスベガスには想像以上に多くのカジノがありますが、世界のギャンブルの首都はマカオです。マカオは、カジノでのギャンブルが合法である中国で唯一の領土です。 

それが世界のギャンブルの首都と見なされる理由は 2 つあります。まず、マカオのカジノは莫大な収益を上げています。マカオのすべてのカジノを合わせた収益は、ラスベガスのカジノの収益の 5 倍です。

第二に、ラスベガスのカジノで生み出される収益のほとんどは、ペニー スロットによるものです。一方、マカオのカジノで生み出されるお金の 4 分の 3 以上は、VIP テーブルで巨額の賭けをするハイローラーからのものです。

匿名の人物が 100 ドルを賭けて 3970 万ドルに変えた

ギャンブルで巨額のジャックポットを獲得したという話を時々耳にします。人々が参加する最も人気のあるギャンブル活動の 1 つに、スロットがあります。ある幸運な人は、スロット マシンで 100 ドルを 3970 万ドルに変えました。

あなたが尋ねるかもしれないその人は誰ですか?他のほとんどのジャックポット勝者と同様に、このスロット マシンの勝者もおそらく匿名を選択しました。しかし、この驚くべき金額を出したスロット マシンは、ラスベガスのエクスカリバー カジノにある Megabucks と呼ばれていたことを知っています。また、優勝者がソフトウェア エンジニアであることもわかっています。

世界最大のカジノは 10 アメリカン フットボール フィールドよりも大きい

ギャンブル業界は巨大です。世界中のカジノは、数十億ドルの収益を上げています。その収入は、定期的または特別な機会にギャンブル活動に参加する何百万人ものギャンブラーから得られます。 

ギャンブラーに対応するために、世界中で何百ものカジノが利用可能です。ギャンブルの人気が高まっていることを考えると、カジノはますます大きくなっています。世界最大のカジノである WinStar World Casino の面積は、なんと 600,000 平方フィートです。 

600,000 平方フィートの大きさを理解するために、平均的なアメリカン フットボール競技場は約 57,600 平方フィートです。言い換えれば、WinStar World Casino 内に 10 個のサッカー場が簡単に収まります。

ルーレットの 1 回のスピンに賭けるためにすべてを売った男

ギャンブル依存症は深刻な状態です。人々は一生の貯金をギャンブルに費やし、結局何も得られません。 2004 年、英国のテレビは Double or Nothing というテレビ シリーズを制作しました。テレビシリーズでは、アシュリー・レベルという男が、所有物をすべて売却し、ルーレットですべての収益を賭けることを計画していました。 

Ashley Revell は、着ていた服以外の持ち物をすべて売却した後、なんとか 135,300 ポンドを集めました。彼はそのすべてのお金を 1 回のルーレット ホイールのスピンに賭け、そのすべてを赤に賭けました。 

彼にとって幸運なことに、ルーレットは 7 Red に当たり、£270,600 を獲得しました。ただし、これは例外であり、規則ではありません。すべての持ち物を売って、すべてのお金でギャンブルをするべきではありません。 常に責任あるギャンブルを念頭に置いてください.

ネバダ州の刑務所にはかつて受刑者がギャンブルできるカジノがあった

責任あるギャンブルに害はなく、多くの人が特別な機会に問題なくギャンブル活動に参加していますが、世界のいくつかの地域では物議を醸すテーマと見なされています.その上、ギャンブルはいくつかの国で違法です。

しかし、米国ではギャンブルやカジノが非常に人気があります。ネバダ州の刑務所には、受刑者がギャンブルをすることができるカジノがあったことを知ったら驚くでしょう。 

カジノは受刑者を許可した ギャンブルゲームをする ブラックジャック、クラップス、ポーカーなど。受刑者は、特定のスポーツに賭けることもできました。カジノは、1967 年に閉鎖されるまで 35 年間刑務所の一部でした。

モナコ市民はモナコにあるカジノで遊べない

ギャンブルが合法な場所といえば、モナコの国もその 1 つです。モナコの市民は、ギャンブルのかゆみを掻き立てることができるいくつかのカジノにアクセスできます. 

ただし、モナコ市民にはギャンブルが許可されていないカジノがあります。他の国の市民はそこで自由にギャンブルをすることができます.悪名高いモンテカルロカジノについて話しています。 

1800 年代半ば頃、キャロライン王女は、モナコ市民がモンテカルロ カジノでギャンブルをすることを違法としました。なぜそれが起こったのか疑問に思うかもしれません。王女は、収入は市民ではなく、外国人からのみ得られるべきだと主張した.

ルーレットは悪魔のゲームと呼ばれていました

私たちのお気に入りのギャンブル ゲームの多くは、今日私たちが知っているようなものではありませんでした。彼らが最初に生まれ始めたとき、彼らは大きく異なっていました。彼らはまた異なる名前を持っていました。 最近最も人気のあるギャンブル ゲームの 1 つはルーレットです。、かつては魔の車輪と呼ばれていました。 

なぜルーレットが悪魔の輪と呼ばれたのか疑問に思われるかもしれません。それに対する答えは不気味です。ルーレット盤の数字をすべて足すと、答えは 666 で、これは獣の印として知られているかもしれません。ルーレット ホイールで人気のあるジョークは、ルーレットの作成者であるブレーズ パスカルが悪魔と取引をしたというものです。

ギャンブルは、フェデックスの創設者が会社を救うのを助けました

このトピックについてはすでに触れたように、ギャンブル依存症は深刻な問題ですが、ギャンブル自体は問題ではなく、多くの人が責任を持ってギャンブルをしています。 

悲しいことに、多くの人が貯蓄の重要な部分をギャンブルで失っています。しかし、FedEx の創設者は、会社のお金の重要な部分も賭けました。

1973 年、FedEx はビジネスを維持するのに苦労していました。当時、同社には 5000 ドル相当の準備金が残っていました。 FedEx の創設者である Frederick Smith は、そのお金を受け取り、ベガスに飛んで、すべての危険を冒しました。幸いなことに、彼はそのすべてのお金を失うことはなく、$27,000 を獲得しました。

あなたはカジノにあなたを禁止するように頼むことができます、そして彼らは実際にそれをします

ギャンブル依存症は、コントロールするのが難しい場合があります。ただし、ギャンブルから遠ざかるのに役立つ戦略はたくさんあります。驚くべきことに、これらの戦略の 1 つは、カジノにあなたをカジノから追放するよう依頼することです。 

そうです、カジノに自発的にカジノからの出入りを禁止するように依頼することができます。カジノがあなたを禁止すると、そのカジノのギャンブルフロアに足を踏み入れることは犯罪になります. 

禁止の期間は、1 年から終身禁止まで選択できます。つまり、ライフ バンを選択すると、ギャンブルのフロアに足を踏み入れることができなくなります。

概要

刑務所内のカジノから非常識なジャックポットの話まで、ギャンブルに関する驚くべき事実がたくさんあります。これで、いくつかの良いものがわかったので、次回カジノに参加したり、他のギャンブル活動に参加したりするときに、それらを使用して友人に感銘を与えることができます.

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

ドワーフとドラゴン:プラグマティック プレイで魅惑的な冒険が待っています
2024-05-19

ドワーフとドラゴン:プラグマティック プレイで魅惑的な冒険が待っています

ニュース