日本語
onlinecasinorank.jp
  • 国別カジノ
  • カジノボーナス
  • カジノゲーム
  • 入金方法
  • ニュース
Menu
オンラインカジノ
日本語

英国ギャンブル委員会の歴史

イギリス

2021-03-07

イギリス ギャンブルシーンは、最も人気があり、最も儲かるシーンの1つです。しかし、この地域で運営されているギャンブルサイトの数が多いため、英国のプレーヤーが間違いなく最も安全で最も安全なギャンブル体験を楽しんでいるのは驚くべきことです。この成功は主に、すべての英国の賭け活動を監督する英国ギャンブル委員会にかかっています。

英国ギャンブル委員会の歴史

2005年のギャンブル法の可決後2007年に設立された英国ギャンブル委員会は、確かにヨーロッパで最も尊敬されているギャンブル規制機関です。それで、UKGCの歴史と進化についてのいくつかのことをよく理解するために読んでください。

英国のギャンブルの歴史の簡単な歴史

ギャンブルは長い間イギリスで人気のある娯楽活動でした。たとえば、競馬は3世紀以上前から行われており、チェスターは1539年に記録された最初のレースを主催しました。また、チャールズ2世は、英国の国境を越えてニューマーケットの普及に貢献した真面目なスポーツマンでした。

ただし、英国のギャンブル規制の歴史は少し不均一です。 1694年、政府は最初の国営宝くじを合法化しました。この動きの後、宝くじは慈善団体や他のプロジェクトのための資金を調達する標準的な方法になりました。

しかし、19世紀になると、政府は1845年と1853年のギャンブルと賭博法などのより厳格な措置の導入を開始しました。

しかし、より多くの法律が導入されたのは1960年代まででした。良い例は1968年のギャンブル法です。この法律は英国のほとんどの現代のギャンブル法のペースを設定しました。

UKGCの形成

UK Gambling Commissionは、英国政府の非部門組織であり、英国のすべてのギャンブル活動の規制に責任を負っています。これには、物理的な施設と オンラインカジノ とスポーツブック。

2007年に、この機関は英国のギャンブル委員会に取って代わり、2013年に国営宝くじを監督する役割を引き受けました。前述のように、英国ギャンブル委員会は2005年のギャンブル法の制定後に設立されました。

UKGCは、ギャンブルサービスプロバイダーが2005年のギャンブル法に基づくすべての慣行に準拠していることを確認する責任があります。UKGCには、違反を調査し、違反者に対する法的措置を講じる権限があります。委員会は、ライセンスを付与、取り消し、および拒否することができます。最も重要なことは、英国のギャンブル業界を消毒するために必要なさらなる行動を推奨できることです。

UKGCの責任

上記のように、委員会の主な目的は、犯罪のないギャンブルシーンを確保することです。英国のギャンブル業界は公正で信頼できるものでなければなりません。また、委員会は弱者と子供たちを保護します。

2019年に、委員会は業界標準を改善し、さらなる公共の保護を提供する計画を発表しました。委員会は公的調査を開始し、その調査結果を使用して効率を改善すると発表されました。

それに加えて、UKGCは、ギャンブル法に違反した場合はいつでも、ギャンブル事業者に罰金を科すことができます。しかし、これは委員会による徹底的な調査の結果です。団体はまた、地方および国のギャンブル関連の問題を宣伝する責任があります。

英国での営業許可を持っている個人の免許保持者とギャンブル事業者のリストは、UKGCのウェブサイトで入手できることに注意することが重要です。したがって、次に英国の規制されたオンラインカジノに参加することを探しているときは、そのWebサイトにアクセスして、詳細を確認してください。

今後の期待

英国のギャンブルの未来は明るいです。ただし、Brexitやコロナウイルスなどの外部要因が市場の成長を鈍化させる可能性があります。しかし、これは短期的なものであり、市場は通常の最高値に戻ります。したがって、ギャンブルは常に進化している業界であるため、UKGCは、最新の状態を維持し、主要な開発に適切に対応するための適切な対策を講じる必要があります。

イギリス

カジノプロモ

--
null Country FlagCheckmark
今すぐプレイ
-

最新情報

このサイトについて
Privacy policy
レビュー
ゲームガイド
ニュース
© onlinecasinorank.jp 2021